さて、タイミングよくブログをかけたので別の話の方を書いていこうと思います。

スイハイで実際にサンゴを見てみた感じでは、迎え入れる為に事前にあけておいた
スペースでは幅も高さも足りない感じだったので、レイアウトの変更と土台を補強を
しなければならない感じでした。
調度、サンゴの入海と合わせてレイアウト変更も少しだけしたいと思っていたので、
スイハイの帰り道に彩園さんに寄ってライブロックを少し補充しました。

そして、スイハイから帰ってきて夕飯等を食べたり家のことをしつつ子供達を寝かし
つけて作業に取り掛かりました。
今回は子供(息子っち)も早めに寝てくれたのと寝かしつけトラップにはまらず、何とか
そのまま起きることが出来たので、比較的早い時間から作業が出来ました。

まずは水換えの準備とサンゴの状態、サイズの確認です。
サンゴの状態は問題ない感じでしたし、保管体制もある程度整えていたので大丈夫
だと思いますが、なるべく早く水槽に入れるに越したことはありません。

おおよその横幅を確認してサンゴを入れる為のスペースを広げていきます。
全体的に大きいのでレイアウト自体を後ろに下げ、ガラス面までの距離等を考えてと
配置面を確保していったのですが、そうこうしているうちに触る予定じゃなかった部分
にも影響してしまい、半分くらいは再度レイアウトし直しました。
で、現状のライブロックの土台の上に載せてしまうと高さが出過ぎになっていまうので、
アクリルの土台の上に載せてから、安定するようにライブロックで周りに土台を作って
いく方法を取って何とか進むようになりました。
ライブロックで土台を作ってから載せる方法だと、サンゴの下部分が複雑な形なので
うまく立たない、周りも土台も崩れるってことを何回かくり返したのでした・・・

格闘すること数時間、試行錯誤、手を変え足を変えで土台を作り、何とか独立で立つ
ようにしてひと段落したのですが、他の部分が・・・ (´・ω・`)ショボーン
気落ちしてもいられないのでレイアウトが崩れた周辺もレイアウトも整えていきました。
今回は新入海したサンゴが独立しすぎないように周りも全体的に高めのレイアウトを
組んでみました。

長くなってきちゃったので、画像にいっちゃう。 (ノ ゚Д゚)ノ ┻┻
水槽全景20151101_01
これが作業時間4~5時間の成果(今回はテレビ鑑賞休憩なし)です。
意外といい感じに組み上がったかなと思います。

うちに入海したたらふくさん産サンゴ。
水槽全景20151101_02
なかなかの存在感です。
これでも2/3くらいになっているので元の大きさだったら水槽の半分位になっちゃうん
じゃないかと思う枝ぶりでした。

あとはうちの水槽で維持(余り成長しなくてもいいなぁ)しつつ、フルスペの子供みたいな感じの
特製KR90SPと特製のバイタルウェーブ(UV特化型)でボディーの濃いめの茶色が薄く
なってその部分も青くなってくれればいいなぁ思うのでした。

今日のおまけ
ショウガサンゴ20151031_01
こちらもたらふくさん産のショウガサンゴ(室内灯のみ)。
戴いたときから2~3倍くらいになっているボディーグリーンの先端ピンクです。
(藻でやられた部分と変な伸び方をした二カ所を枝打ちしてます)
ショウガサンゴ20151031_02
フラッシュたいてみました。
このサンゴのピンクを見るんだったら消灯後がきれいですね。
たらふく産ショウガサンゴ20140628_01
戴いたときのショウガサンゴ(グリーンが強めですね)。
この時が2014年06月なので一年ちょいで結構大きくなりました。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://toismarineaquarium.blog75.fc2.com/tb.php/728-80111be4