またしても更新期間が空いてしまいました・・・ (;´▽`lllA``
自分が風邪をひいたり子供達が熱を出して会社休んだり色々あったようです(汗)

さて、今回は前置きを短くしまして早速。

以前から言っていてなかなか行動に起こせなかった(起していなかった?)諸々の
設備投資&更新の機材を発注し、品物が到着しました。
資材到着20140625
今回はたらふくさんから教えて戴いた「AQUQCRAFT(アクアクラフト)」さんから購入
してみました。
安価で発送も早く対応はいいかなと思います(直接のやり取りはなしですが)。

今回の買い物は、マグネットポンプ、殺菌灯交換球(QL-25)、プロテクションスリーブ、
オーバーフローパイプ、ラバーガスケット、配管部品となりました。

プロテクションスリーブ、オーバーフローパイプは、たらふくさんの記事を見てちょっと
びびってしまったので、この機会に交換しようと思い購入しました。
うちの殺菌灯は中古な上に今まで未交換できているので年数が解らないのもありで。

この購入費用は・・・もちろんのしぶしぶ?ニコニコ?家庭内ローンです(爆)

さて、今回は殺菌灯の交換と各種交換部品の交換をしようと思います。
で、届いた商品の中には交換手順等の資料がなかったので、ネットでちらっと調べま
したが、余りないんですね。
で、掲載している方のを参考にして交換しました。
(皆さんの画像を見ると、結構危ない状況になっているものもありましたね・・・)
作業自体はそんなに難しくなく、まずは殺菌灯のラインを止めて、上部(青いとこ)の
ネジ式になっている箇所を順番に空けつつ交換部品を取り出していくという感じです。
<一応自分メモ>
 ・殺菌灯ラインの停止(必要に応じて殺菌灯の取り出し)&排水
 ・交換球の入っているネジ?式ふた?をあけ、コネクタを外して交換球取り出し
 ・筒のネジ式ふたをあけ、クォーツスリーブを取り出し
 ・OFパイプの取り出し(無理にねじらないで工具でやった方がいいかも)
 ・プロテクションスリーブの取り出し(同上)
 ・上記の逆手順で戻し作業(異物の取り出し、簡単な清掃後)
  (OFパイプは上下があるらしく、穴が開いている方が上、スリーブは間違うことはない)
  (クォーツスリーブは水が入っていない状態で設置すること、割れる可能性あり)
 こんな感じかな?

さて、うちのはどうかなっと・・・
QL25_OFパイプ他20140622
御多聞に漏れず、うちのでもなってました。
プロテクションスリーブは問題ない感じでしたが、オーバーフローパイプはしっかり?
穴が開いていました。
プロテクションスリーブはともかくとしてもオーバーフローパイプは定期交換した方が
いいかなと思います。
プロテクションスリーブは02年に01回、オーバーフローパイプは毎年とか。
殺菌灯の中に結構大きな塩の塊?が入っていたので、目詰まりの可能性もあるので、
定期的にメンテした方がよさそうですね。


それと、クォーツスリーブ(交換球が入るガラス管)が白曇りしていたので清掃をした
のですが、奥にペーパーが残ってしまい取れない状態に・・・ Σ(`□´/)/
さて、どうしたものかと四苦八苦してのですが、どうも長期戦になりそうなので、一端
クォーツスリーブなしで殺菌灯を組み立て保留しました・・・ (´・ω・`)ショボーン

その後、何とかペーパーは取り出した(結構の四苦八苦の末ハンガーで・・・)のですが、
今度は交換球を収めるクォーツスリーブの一部にひびが入ってしまいました。
このクォーツスリーブってめっちゃ高いんですよね。そんな訳でかなりショック。
ひび程度なので何とか使えないかなぁと思いましたが、締込みの時にミシミシって嫌な
音がしてひびが拡大したので断念。 (ノω・、) ウゥ・・・
そんな訳で余計な出費が確定しました。
これで造波ポンプはしばらくお預けです・・・ (´・ω・`)ショボーン

皆さんも殺菌灯のメンテの際は気を付けて下さいね。
たぶん、海水が入ったままで作業すると痛い目に合うんだと思います。



次は配管部材を揃えてポンプの交換をしようと思いますが、早速やらかしてまして
ユニオンボールバルブのサイズが合わなーい。 (ノ ゚Д゚)ノ == ┻━━┻
ちゃんと内径サイズみてから発注かければよかったー ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛ガッΣ(ノ`Д´)ノ
(っていうか、16Aに合致するのがそもそもないんですね・・・そんな訳で13Aとして使えるところに使う予定です)

さて、配管の取り廻し?を考えましょうかね・・・ o(´^`)o ウーム



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://toismarineaquarium.blog75.fc2.com/tb.php/665-5617d36e