今回はとある方からコメントでネタを戴きましたので、そのことについてちょっと
書きたいと思います。

うちのメイン照明は、KR90DRとKR90FWになっています。
これにスポットLEDが何点か足して一応ミドリイシを飼育しています。
ミドリイシ飼育にとっての照明としては、やはりメタハラがいいのでしょうが、
電気代、発熱、価格とおいらにはなかなか手が出なかったのですが、それでも
一応、サンゴの為と思い、奮発してシステムLEDを導入しています。
うちのサンゴの大半はたらふくさん産なのですが、たらふくさんがメタハラで
維持、飼育していた時のきれいな色はうちでは今のところ全然出ていないので、
やっぱり照明はメタハラがいいんだろうなぁと感じております。
ただ、そうもいっていられないので、試行錯誤しつつ飼育しております。

で、戴いたネタは、「KRでのサンゴの色上がりってどんな感じ?」っていうこと
なんですが、同じ比較画像が揃っているものとそうでないものがありますし、
以前の水槽不調のせいでダメになってサイズが小さくなったものもあったりで
比較が難しいかもですが、何となくUPしたいと思います。


まずは、KR90DR(といってもほぼこっちの話になります)
KR_CLUBレビュー参用
まずはこの画像右側のスギ系?ミドリイシ。
照明が青過ぎて解り辛いかと思いますが、右側のサンゴは地肌が濃い茶色
だっていうのは解ると思います。
そして、一応、先端だけブルーです。

これが、KR90DR直下に移して4か月後、こうなりました。
KR_CLUBレビュー漆用
照明の関係もありますが、全体がブルーに発色してくれています。
(画像左側が照明がフルにあたっている時で右側が照明OFFです)
ボディーの色も濃い茶色から薄い茶色になり照明の色を反映し易くなって
いますし、右側の画像の通り、照明を落としてもブルーの範囲は広いです。
このきれいなブルーのミドリイシは・・・水槽不調の際に半分ダメになって
生きている部分だけ何とか救出しています。

で、現在ですが、いったん調子を崩して茶色に戻ったのですが、少しずつ
ブルーになってきています(上の画像のミドリイシを枝打ちしてものです)。
KR_CLUBレビュー用09月_06KR_CLUBレビュー用09月_05
左側がKR90FW直下で右側がKR90DR直下のブルーのはずのミドリイシ。
まだまだ茶色ですが、少しずつブルーが乗ってきてくれていて観察するには
いい感じの個体だと思って生暖かく見守っています。

たらふくさんのところにあったときは、全盛期はきれいなアイスブルーの
個体でしたが、うちでは照明他機材の関係でこんな感じです。

深場系のミドリイシは肌色っぽい色だったのがピンクになってきました。
ただ、こちらは比較対象が解り辛いもの(一番上のとか)しかなかったので
割愛しています。

こんな感じでした。


おっと、今日のおまけ(おまけがないとダメな訳じゃないけど)
ウミキノコ20131002
うちのウミキノコさん。
飼いだしてからかなりの期間小さいままだったのですが、何があったのか急に
成長しだして大きくなったのですが、小さいサンゴが好きなので里子に出したり
お店に引き取ってもらったりして、小さいのだけ残しました。
で、その小さいのはまだこうやって小さいままですが、状態はいいようで元気に
してくれています(結構、不遇な対応だと思うのですが・・・)。
ライブロックにつけると成長&勢力を増していくので、小さいライブロックにつけて底砂の上にちょこんと
おいています。
水流やマガキの影響でいろんな場所に移動していますが、頑張ってくれています(笑)


ブログランキング参加中です。よろしければポチット押してくださ~い。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://toismarineaquarium.blog75.fc2.com/tb.php/634-9b021483