以前購入していたこの↓アリオ4(以前の記事)ですが、少し前から使い始めてます。
アリオ4110305
(購入したから半年くらい経ってる・・・ (;´▽`lllA``)

色々試行錯誤の結果、だいぶましになったので御報告。
どんな使いかたかといいますと・・・なんちゃって気味ですがスキマー化しました。

元ネタはだにさんなのですが、おいらはスキマー自体をプリズムしか持っていない為、
カップとか、筒とかないんですよね。
で、使ったのが1.5Lのペットボトル。
見た目はちゃちいですが、サンプに入っているのでいいかなと。

で、第一弾がこんな感じ。
アリオスキマー01
汚れはカップとかで取るんじゃなくて、ペットボトルに付着させて取る方式。
一応、オーバーフローして汚れがサンプに戻ったら元の木阿弥なので、チューブで
他のペットボトルに行くようにしてみました。

あっ、ペットボトルは黄色いテープのところで分割できるようにしています。
大体、水位がこの辺なので、水位より上に汚れがつくので、その周辺で分割出来て
全部取り出さなくても清掃できるようにしました。
下部はアリオ4を入れる穴をあけてあります。

肝心の泡の状態ですが、結構いい感じ。
アリオスキマー02
本当は筒がもう少し細い方が泡上がりはいいのかもですが、いい形状のものがない
ので、現状的にはこれでいいかなという感じです。

汚れの方もペットボトルにそこそこついてくるので、効果はある感じです。

この状態でしばらく使っていたのですが、No3:Po4-Xを使い出したせいなのか、泡が
爆発的に出るように・・・
チューブが役に立たないので、再度加工することに。
アリオスキマー04
ペットボトルの上半分を口の部分でくっつけて上の画像のように加工。

汚れの取れ具合は、
アリオスキマー03
こんな感じで、泡の勢いが良すぎて溢れてしまってます・・・ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ
この辺はもう少し工夫が必要ですが、ここまで酷い状態になるのはそんなに無いので、
取り敢えず様子見。

そうそう、アリオ4はエアレーションポンプなので、水流はありません。
アリオスキマー05
泡で多少は流れが出来るかとは思いますが、その程度では流れは知れてます。
しかも、ペットボトル内の海水がいつまでも残っているとスキマーの意味が薄らいで
しまうので、画像右のRioで水流を作ってアリオ4に海水を流し込んで、スキマー内の
海水の入替えをサポート?しています(なっているかは・・・?)。

こんな感じの自作アリオスキマーでした。



ブログランキング参加中です。よろしければポチット押してくださ~い。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://toismarineaquarium.blog75.fc2.com/tb.php/539-4eb690b5