今回は、前回に引き続き添加剤のレポートというか経過観察のハード系編です。
とはいっても、うちのハード系は色揚げを目的としたサンゴは入っていないので、
変化に乏しいのですが・・・ ヾ(´▽`;A

しかも、うちの水槽に入ってしまうと、魚もサンゴも成長が鈍化するので、一ヶ月
という短いスパンでは解り辛いという何とも判断し難い環境なのですが・・・

まぁ、ぼちぼちやっていきたいと思います。

さて、今回使用している添加剤ですが。前回紹介しました通りのこれ ↓ です。
(現状、他の添加剤の使用量はかなり控えめにしています)
添加剤
画像は使いまわしでし。しかもピンボケ・・・

「AQUA TEARS」のCoral Power(コーラルバワー)と謎のL.C.L.(違)

さて、添加前のサンゴの紹介。
コエダナガレハナ090912
まずは、コエダナガレハナサンゴ(ちょっと大人しめのとき)。
一旦、ダメダメになってライブロックとして使っていたのですが、一部復活の兆し
が見られたので、光が当たる場所に放置していたらわっさわさになった個体・・・

次に、ナガレハナサンゴ。
ナガレハナ090912
たらふくさんより戴いたサンゴで、入海当初から現在まで大きな変化も不調に
なることもなく安定している個体。

最後に、フトトゲサンゴ。
フトトゲ090912
びしゃモンさんから戴いたサンゴで、こちらも入海当初より調子が良さげな個体。
ただ、うちの水槽の例に漏れず、成長はしていない模様・・・
まぁ、LEDだけの光とリアクター等がない環境ではこんなもんなのかもですが。
ただ、ポリプはふっさふっさなので調子は悪くなっていないと思われます。

それでは、添加一ヵ月後の様子(本当は並べればいいのだけれども・・・)

まずは、コエダナガレハナ。
コエダナガレ091013
えっらい広がってます。
元々だいぶ調子に乗ってきたらしく広がっていたことは広がっていたのですが、
添加剤導入後は確実に広がっていて態度までふてぶてしく・・・
ただ、骨格部分は余り替わっていない模様です。

お次は、ナガレハナ。
ナガレハナ091013
こちらは余り変化がない模様です。
ただ、全体的に茶色が抜けて淡い感じになったのと、緑が少し濃くなったような
気がします。

最後に、フトトゲ。
フトトゲ091013
こちらも変化はない模様です。
うん・・・変化はまだ出てないと思います・・・ 


ハード系は変化が出るのに時間がかかるでしょうから(のようですから)、今後も
気長に様子を見ていこうと思います。
そもそも、水換えはまめにはしていますが、ハード系が成長するのに必要な要素
(微量元素とか光とか)が足りないということもあるかもと思います。

と、いう感じでした~


今日のおまけ。
コエダ&ナガレハナ091013
少し引いて、コエダナガレとナガレハナの2ショット。


念の為・・・上記はあくまでおいら個人の感想です。

添加剤の効果の現れ方は水槽環境によって変わってきますし~(略)
 (内容は前回のブログを参照してください)
~色々な判断をして戴ければと思います。
(くどいので一部割愛しました)




ブログランキング参加中です。よろしければポチット押してくださ~い。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://toismarineaquarium.blog75.fc2.com/tb.php/450-6ffe2736