相変わらずネタが乏しくなると水質検査です。
まぁ、ここ数ヶ月は硝酸塩の推移を見る為に、水換え3回に一回くらいは測っているので
こんな感じになるんですけどね・・・(月に2回くらいかな?)

で、まずは硝酸塩。
水質検査081115
左が水換え前で右が水換え後です・・・
画像だと違いが解りづらいと思いますが、実際に見てもたいして変わりません(ぉぃ)
ということで、低い数値ではあるものの18Lの水換え(約1/5かな?)では大きな差が
出ないという結果に(汗)
 ・
 ・
 ・
これって・・・  ごにょごにゅごにょ

で、先日のスイハイでも話が出たのですが、外部ろ過器が硝酸塩発生装置になって
いるのではないか?ということ。
薄々気付いていたとはいえ現実味を増してきました。

でも、現状では水槽は安定しているし、変化を与えたくないというのが本音・・・

思い切ってろ過器の清掃をしてもいいのですが、それをきっかけにして水槽の状態が
崩れるのがちょっと怖いんですよね~
(この辺の話はスイハイのときにもいっぱいしましたけど・・・)

だって、
水質検査081115_01
こんな感じでアンモニアと亜硝酸は落ち着いているし・・・

   <水質検査結果-08/11/15->
       pH  :  測定せず
       NH3 :  0.00
       NO2 :  0.05
       NO3 :  5.00
                       こんな数値で、いい感じでしょ?

でも、根本的な問題を解決しないといつまで経っても状況改善は難しいのも事実。

この辺が、外部ろ過でやっている人が段々上手くいかなくなったり、面倒臭くなったり
する要因のひとつなのかなぁとも思います。
うちは、順々に外部ろ過器を清掃できるように(水量UPとろ過強化のおまけですが)
外部ろ過器を2つ使っています(流量&水量&水流&クーラー用ポンプでもう1器)。
片方ずつ半年間隔で清掃(海水でろ過器とろ材をゆすぐ程度)するのですが、前回の
清掃はいつだったか、どっちをやったかすっかり失念しているしまつ。
でも、夏に崩壊したときにやったような気も・・・

気温も低くなってきたし、そろそろやった方がいいかなぁとは思っています。

さて、重い腰が上がるかどうか・・・
そして、やっても効果が出ないんじゃないかっていう予想もありつつ検討中です。

スイハイでは、ろ過器を大きいやつ1つにしてしまえばっていう話もでましたしねぇ・・・
さてさて、これから長い冬がきて外に出るのが億劫になる季節、室内でこそこそと
何かやってみようかなぁとも思っています。

年度末~年度始めっておいらの仕事って一番忙しいんだけどね・・・(汗)


さてさて、今日のおまけです。
エビ081115_01
我が家の名もない隠れ?グラス?シュリンプです。

恐らく、Shrimp(シュリンプ)さんのプランクトンパック系に入っていた奴が生き
延びたんだと思うのですが・・・

何とか寄ってみました。
こやつ、常に水槽の裏側にいて、いる場所もマキシの裏側だったりで全然撮れ
ないんですよね~
エビ081115_02
で、何とか撮ったのがこの画像。
モエビ系でしょうかねぇ?
余り綺麗じゃないので、観賞用にはならないのですが、悪さもしないようですし
残餌処理などを期待してこのままにしておこうと思います。


ブログランキング参加中です。よろしければポチット押してくださ~い。

ブログランキング



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://toismarineaquarium.blog75.fc2.com/tb.php/350-f4855b4c