何とか第二弾をお送りすることが出来ました。
でも、これ以上のネタはないかなと思いますし、今回のものはまだ未完成(汗)
なので、かなり微妙です。
臨時的にはこういうものも代用できますよっていう御提案?程度に見て戴ければ
いいかなと思います。

という訳で、第二弾は空冷ファンです。
これから夏に向けてシリーズですね(笑)北海道はここ数日必要ないですが・・・

では、まずファンの確保です。
これは、色々な電化製品についているものを再利用します。
今回、私は使わなくなったパソコンの電源冷却用のファンを使ってみました。
(サイズ的にも風力的にも調度いい感じだったのと職業柄手に入りやすいので)
まず、壊れて使わなくなったパソコンの電源部分を取り外します。
(下の画像は左右で一致しません。参考ということで・・・)
電源

ドライバー一本で結構簡単に分解できます。
このあと、画像右側の電源部分をサイド分解(ネジを外す程度)すると、コードが
いっぱいついてい中から、ファンとファンに繋がっているコードを取り外します。

そうするとこんな感じ↓でファンとコードだけ取り出せます。
空冷ファン070711_001

既に画像↑には写ってますが、あと必要なのは電源を供給するアダプタです。
ファンの中心部分に適格電圧とアンペア数が書いてあると思うので、それに合う
アダプタ(だいたい12V:1mAくらいです)を探します。


空冷ファン070712_003

調度いいアダプタがあればテストしてみます↑。
(片方をアダプタの先の表面にもう片方を穴の中に入れます)

そうすると・・・
空冷ファン070712_002

解ります?回ってるの・・・


今回はアンペア数が多少一致しませんでしたが、普通に動きました。

この後は、100円ショップでかごや余っている(土台用にしようとしたかごとか)
タッパなどの4つある角のうち2角を切り落として、水槽の角に乗るようにして、
タッパやかごの底部分をファンのサイズより少し小さめに穴を開けて、ファンを
ネジなどで固定(四つ角に穴があいているので)すれば完成です。

とはいってみたものの、おいらはまだやってないんですよね(汗)
今回は、こういうものでも代用できますよ~っていうレベルの紹介でした(大汗)

今では電気店でファンも売ってますが、それを買ってDIYするのであれば、
市販されている空冷ファンを買った方が見た目も値段的にもいいと思います。

そういう訳で、余り役に立たないDIYなんですけどね・・・

DIYする場合は自己責任でやってくださいね~

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://toismarineaquarium.blog75.fc2.com/tb.php/150-9a880f33