先日の三連休の最終日に子供っち(息子っちは寝てしまったので主に娘っち)を川遊びに
近くの水道公園?に連れて行ったついでにライブロックの追加と測定キットの返却をしに
たらふくさん宅へ行ってきました。
寄り道っていうけど、全然寄り道じゃなくて外出ついで&子供達の昼寝を兼ねてすんごい
遠回りをしてきたって感じですけど。

ライブロックの追加は後述のことで少しだけ必要かな?と思ったので、若干?通り道の
彩園さんに行ってきました。
主目的はライブロックですが、入荷したオージーサンゴが残っていれば見てみたいなと
思っていたのでっていうのもありです。
そして、売約とまだ売れていない数個体を見て目の保養をしてきました。
主目的のライブロックはほとんど残っていませんでしたが、多少は補充出来たので良し
とします。
ついでに入荷したオージーサンゴがプラグになっていたので一個購入しちゃいました。
オージーサンゴ(元ライムグリーン)20140721
お店では青っぽいのか薄いグリーンなのかって感じでしたが、うちの水槽ではこんな感じ。
入荷当初はミントグリーンだったそうなんですが、少し変わってきたとのこと。
オージーはUV多めの方が色が維持できるのかな?とか思います。

その後、足を延ばして水質検査キットを返却にたらふくさん宅へ
不在であれば玄関にと思っていましたが、御在宅で急な連絡にもかかわらず快く対応して
戴きました。
(月末に使用したいとのことだったので、お返しできる時にお返ししておこうと思った次第でした)
有難うございます&急な連絡、訪問で申し訳ありませんでした。

そして、たらふくさんからお話のあったサンゴの里親(例の件で入らな・・・)ということで、
サンゴを二個体預かりました。
たらふくさん産サンゴ20140721_01
こんな感じのと(こちらはまだ茶色が薄く先端がパープルかな?という個体)
たらふくさん産サンゴ20140721_02
こんな感じの個体(こちらは茶色ですね)で、たらふくさんの水槽にあった時より茶化が
進行してしまっている気がします(汗)
元(ブルー照明が強い時)はパープルだったとのことですので、照明の合うところを探す
のと添加剤強化で維持していきたいと思います。

今日のおまけ(久々の画像バージョン)
サンゴガニNo.02_20140723
たらふくさんから戴いたサンゴの片方にサンゴガニがいました。
結構サンゴガニ好き(といっても何が?と聞かれると・・・)なので嬉しいおまけでした。

配管・・・まだ全然手つかずです。 εミ(ο_ _)ο ドテッ (;´▽`lllA``
そろそろ追加した配管が届く予定なので、夏季休暇(取れれば)その頃にやろうかなと
思っています。

忙しい時期がようやく終わり、しばらくはまったり仕事ができるかなと思っていたのに、
夏の終わりかけの時期に某Zのつくお役所さんが来なくていいのに来るとのことで、
忙しくなりそうです。 Σ( ̄□ ̄ノ)ノ ガ-ン! ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛ガッΣ(ノ`Д´)ノ




スポンサーサイト
なんか書いてたら長くなってしまったのでさら~っと読んでくださいませ。
しかも画像は1枚きり・・・

前回のブログで書きましたが、水質検査キットをお借りしたり購入したりして揃えて
みたので測ってみました。
水質検査キットは、たらふくさんからおかりした
「リン酸塩チェッカー①」と
「コーラルカラープロ テツトキット②」と
自分で用意した「リーフファンデーションプロ テストキット③」です。
測れる内容は
「①リン酸塩」、
「②I(ヨウ素)、K(カリウム)、Fe(鉄分)」、
「③Ca(カルシウム)、KH(アルカリティ)、Mg(マグネシウム)」
という感じです。

使ってみた感想は、リン酸塩チェッカーは試薬を入れるのに多少?、かなり?苦労
しますが、測定は簡単です。
ただ、おいらが使った感じだとばらつきが・・・ (;´▽`lllA``
詳しいことは後で書きますが、もう少し測ってみたいと思います。

「コーラルカラープロ テストキット」と「リーフファンデーションプロ テストキット」ですが、
測定がちょっと面倒くさいです。
何分おいて~や注射器で一滴ずつとか細かかったり・・・
大雑把なおいらにはちょっとという感じでした。

さて、肝心の測定結果ですが、
「コーラルカラープロ テストキット」のI(ヨウ素)が「0.06-0.09」、K(カリウム)が「428-438」、
Fe(鉄分)「0.00」という感じで合っているかどうかは置いておくとしても微妙な数値でした。
でも、既定の数値近くかな?なので適当添加の割にはいい方なのかもしれません。
水換えの効果が大きいのかもですが。

Fe(鉄)は、すぐに何か(リン酸だったかな)と結合しちゃって鉄としては消えてしまうって
どこかで見たので、「0」でいいのかな?と思います。
ただ、それだと添加する意味がないような・・・
リン酸だかと結合する前にサンゴが多少なりとも吸収するのであればいいのですが・・・

自分で購入した「リーフファンデーションプロ テストキット」ですが、Ca(カルシウム)が
「480-428」、KH(アルカリティ)が「8.4-8.7」、Mg(マグネシウム)が「1320-1400」という
感じでした。
最初(一回目)、測り方が悪いのか水槽の微量元素が少な過ぎるのか測定不可能な
感じの数値ばかり・・・
もう一度計測しようとは思っていますが、あの面倒臭さを乗り越えられるかが難点です。
(;´▽`lllA``
で、頑張ってもう一度測ってみた結果が上記の数値でした。
それでも本当かなぁというのは否めない感じ&一滴ずつがチューって入っちゃってって
いうのもありで・・・ |ω・`)

そう何度も測らないと思うので、そのうちどこかの某オクで売却リストに載っているかも
しれません。

それと、ハンナのリン酸塩チェッカーですが、水槽水、浄水器後の水、飼育水(換水前、
換水後)と測ってみました。
数値は余りぱっとしませんが、水道水が「0.16」、浄水器後が「0.11」、換水前の飼育水が
「0.45」、30L換水後の飼育水が「0.36」と高い数値になっていました。
ただ、次の日に水道水と浄水器の数値を測ってみると・・・「0.36」と「0.55」。
Σ(`□´/)/ ナニィィイイイ!!
浄水器はフィルターを交換したばかりにも関わらずこの数値。 (´・ω・`)ショボーン
更に一週間後に測ってみると、水道水が「0.45」、浄水器が「1.01」という結果。
測り方が悪いのか、試薬が悪いのか、前回測った数値がおかしいのか(試薬が全部
入っていなかったとか)よく解りません。

我が町は水がきれいで有名な街でもあるんですけどねぇ・・・
(飲料(麦汁)メーカーが水の採取権利?を取得しているらしいですし)

リン酸塩チェッカー_20140713_01
こんな表示も出たりしましたし。 ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

そんな感じでよく解らないというか微妙な結果になっています。


結論としては・・・
うちの水槽は超低栄養塩水槽なんてはるか遠く、低栄養塩水槽ともいえないという
結果でしょうかね。
LPSの調子がいい(色はともかくとして成長する)のはこういうことかもしれません。

そうそう、忘れてました。
うちの水槽はナチュラルシステムじゃなくて、濾材の量は少な目(ウェット&ドライ)ですが
強制濾過システムだったのでした。
だので、低栄養塩にならないん・・・ってこともないはずなんだよなぁ。 o(´^`)o ウーム

ということで、数値は余り気にしないで定期的な水換えと水槽の様子を見ながら毎度の
何となく~で添加剤を入れていくっていう、従来の水槽管理でいこうかと思います。
取り敢えず、以前入手したリン酸吸着材を投入しようと思います。

テストキットは半分以上お借りしたものだけど、高い授業料になったなぁと思うのでした。
(これ全部自分で揃えていたら(しかも家庭内ローン)悲惨な感じだなと思いました)


今回の気になる商品
ZEOvit関連商品で「KZ Automatic Elements」です。
種類は「B-Balance」、「Potassium Iodide」、「Iron Concentrate」の03種類のようです。
4ヶ月間効能があり、水流があるところに設置(入れる)するだけ。
1タブレットで50Lとのことなので、1タブレットずつだけ入れてみて~って思っています。
金額も高いか安いか野口さん01人程。
横着なおいらには調度いい添加剤?かなと思いました。

Radion XR15wProは諭吉さん07人位・・・ゲフンゲフン




次回はもう少し楽しい話題にしたいと思います。




週末に水換えと殺菌灯のクォーツスリーブ、交換球の交換と水質検査をしたのですが、
水質検査の方は纏まっていないのでその辺は次回のブログで書きたいと思います。
水質検査はやってみましたが、よく解らないです。 εミ(ο_ _)ο ドテッ
まず第一に、測定が面倒くさ・・・ o(´^`)o ウーム (ノ ゚Д゚)ノ === ┻┻
それと数値が芳しくない・・・ (´・ω・`)ショボーン

殺菌灯の部品交換は、前回の失敗を糧に?無事交換終了。
我が水槽に01か月振りくらいに気休めかな?の殺菌灯の光が灯りました。

そんな訳で・・・
その前に、だいぶ経ってしまいましたが、ライブロックを追加してレイアウトを変更して
いたので水槽全景を載せておきます。
水槽全景20140628
ちょっと高さを出してみました。

又、たらふくさんにショウガサンゴ(ピンク)を戴いていたのでそちらも御紹介。
たらふく産ショウガサンゴ20140628_01
先端ピンクのボディーグリーンな個体です。
実際の見た目は、ボディーはこんな感じのグリーンで先端のピンクがもう少し強く広く
出ている感じです。
現在、様子を見ながらKR90FW下に置いています。
たらふくさん有難うございます&大事に育てていきたいと思います。

ちょっとスマホの撮影機能を使ってピンクが写るようにしてみました。
たらふく産ショウガサンゴ20140628_02
うちのサンゴは戴きものが多いので、大事に育てているつもりですが色々あって落ちて
いる個体も。 (ノω・、) ウゥ・・・
そういった個体に関しては申し訳ない気持ちでいっぱいです。 <(_~_)>
(勿論、自分で購入したサンゴも戴いたサンゴも落としたときは申し訳ないのですが、余計にね)
白化しても全部は廃棄せず、枝打ちしたりプラグ化したりして何とか維持&再成長させ
たりしたいと思っています。

今日のおまけ
オイル交換_20140712
たまにたらふくさんのブログで出てくる愛機(オイル交換中)です。
最近は車の方に全然構っていないのですが、最低限のメンテは
しています。
ちなみに外観は派手ですが決して目立ちたい訳ではありません。
ヾ(´▽`;A
人と同じなのが嫌というか天邪鬼といかこういう車が好きだから
というかという感じでこんな車になっています。
(一時期ジムカーナとかしてたりした(前の車ではサーキット走行も)のもあって派手な
外見ですが、この車は外観以外はいたってほぼノーマルで弄っていません)



何だか忘れてしまいそうなのでちょこちょこ書いています。
ですので、文章がつながらなかったりするかもしれませんが、御容赦くださいませ。

さて、前回のブログで殺菌灯の交換部品を交換した、そして交換部品で一番高く本来
交換の必要がなかったクォーツスリーブを割ってしまって無殺菌灯水槽になっている
いう話でしたが、そんな間抜けな話、皆さん憶えていますでしょうか?
忘れていいんですよ他人の間抜けな話なんて・・・ ヾ(´▽`;A (´・ω・`)ショボーン

そんなこんなで、お高いクォーツスリーブを手配しないといけないのですが、いかんせん
値が張るものなのでなかなか手配が進みませんでした。
QL25_クォーツスリーブ20140622
あっ、その割ったクォーツスリーブの割る原因になった白曇りが上の画像です。
上部分は清掃して綺麗になっていますが、下部分は未清掃でこの曇りを取ろうとして
色々あって・・・ (ノω・、) ウゥ・・・

しかし、そんなこと(やっぱり高い~とか)をいっていても仕方がないのでどこか安いお店&
どうせなら追加で欲しいものも取り扱いがあるお店がないか探したりで右往左往して
いました(そして、結局時間が経っていく訳ですが)。

案の定というかで、ここにはこれがあるけどこれがない~っていう感じでなかなか発注
するお店が決まらなかったのですが、そうはいってもだらだら先延ばしにしてはいかん
と思い、メインの買い物であるクォーツスリーブが一番安価なお店にすることにしました。

今回は前回購入した「アクアクラフト」さんより安価でクォーツスリーブが売っているのを
見つけた「レヨンベールアクア」さんから購入することにしました。
欲しいものは通販サイトには載っていなかったのですが、取り扱いがないか聞いてみた
ところ、取り扱えるとのことでいしたので一緒にお願いしました。

で、何をお願いしたかというと、色々水質検査関係です。

以前よりリン酸塩数値が気になっていたのですが、RedSeaのPo4ではほぼ「0」の数値を
表していたので余り気にしないでいたのですが、前回の藻の大繁殖やコケの出方、現状
のエサの撒き具合(正直多めです)から測定結果も怪しいなぁと思っていて資金にゆとり
が出来たら「ハンナ リン酸塩チェッカー」を買おうと思っていたのですが、なかなか買えず
にいたところ、たらふくさんが購入&機器をお貸戴けるということで試薬を用意した訳です。
それと、たらふくさんから「リーフカラープロテストキット」も一緒にお借りしたので、ついでに
うちでリーフファンデーション系(ボーリングメソッドになるのかな?)をやっていこうかなと
思っていた(たらふくさんに添加剤を戴いていた)ので、こちらもどうせなら測ってみようと
「リーフファンデーション プロテストキット」を購入してみました。
これで大方の水質検査が出来る状態になったかなと思っています。
(NO2、NO3も本来あった方がいいのでしょうけどそこはスルーで・・・ (;´▽`lllA``)

うちは諸事情(懐、サンプ、サンゴ成長抑制気味?)でCaリアクターがないので、水換えと
少々の添加剤でサンゴ維持をしている(目指している訳ではないのですが、結果的に)状態なので、
その水換えの補助的なものとして「リーフファンデーションプログラム」を導入しようという
ことで、やるにあたってはある程度は水槽の状態を把握する為にも、試薬を揃えて一度は
検査してみようと思った次第です。
一度の検査で購入するには高い買い物ですけどね・・・ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ

そして、おいらがやるってことは、「なんちゃってリーフファンデーションプログラム」になる
ということなんですけどね。。。 εミ(ο_ _)ο ドテッ



で、ものが揃ったのでパチリ。
追加資材到着20140707
水質検査したら結果を御報告しますね~

それと・・・配管もやらないと。 ヾ(´▽`;A  (;´▽`lllA``


今日のおまけ・・・は画像なしで。
ちょっと気になる商品がとある「LSS Laboratory」のブログで紹介されていたので。
「Radion RX15w Pro」が発売されるとのこと。
これは従来機の半分のサイズでサークルが1つのもの。
小型水槽向けだと思いますが、お値段によってはかなり気になる商品かなと思います。
FWとDRの間に入れて「更なるなんちゃってフルスペクトル」に(爆)

まぁ、高くて買えないんでしょうけどね・・・ (´・ω・`)ショボーン



またしても更新期間が空いてしまいました・・・ (;´▽`lllA``
自分が風邪をひいたり子供達が熱を出して会社休んだり色々あったようです(汗)

さて、今回は前置きを短くしまして早速。

以前から言っていてなかなか行動に起こせなかった(起していなかった?)諸々の
設備投資&更新の機材を発注し、品物が到着しました。
資材到着20140625
今回はたらふくさんから教えて戴いた「AQUQCRAFT(アクアクラフト)」さんから購入
してみました。
安価で発送も早く対応はいいかなと思います(直接のやり取りはなしですが)。

今回の買い物は、マグネットポンプ、殺菌灯交換球(QL-25)、プロテクションスリーブ、
オーバーフローパイプ、ラバーガスケット、配管部品となりました。

プロテクションスリーブ、オーバーフローパイプは、たらふくさんの記事を見てちょっと
びびってしまったので、この機会に交換しようと思い購入しました。
うちの殺菌灯は中古な上に今まで未交換できているので年数が解らないのもありで。

この購入費用は・・・もちろんのしぶしぶ?ニコニコ?家庭内ローンです(爆)

さて、今回は殺菌灯の交換と各種交換部品の交換をしようと思います。
で、届いた商品の中には交換手順等の資料がなかったので、ネットでちらっと調べま
したが、余りないんですね。
で、掲載している方のを参考にして交換しました。
(皆さんの画像を見ると、結構危ない状況になっているものもありましたね・・・)
作業自体はそんなに難しくなく、まずは殺菌灯のラインを止めて、上部(青いとこ)の
ネジ式になっている箇所を順番に空けつつ交換部品を取り出していくという感じです。
<一応自分メモ>
 ・殺菌灯ラインの停止(必要に応じて殺菌灯の取り出し)&排水
 ・交換球の入っているネジ?式ふた?をあけ、コネクタを外して交換球取り出し
 ・筒のネジ式ふたをあけ、クォーツスリーブを取り出し
 ・OFパイプの取り出し(無理にねじらないで工具でやった方がいいかも)
 ・プロテクションスリーブの取り出し(同上)
 ・上記の逆手順で戻し作業(異物の取り出し、簡単な清掃後)
  (OFパイプは上下があるらしく、穴が開いている方が上、スリーブは間違うことはない)
  (クォーツスリーブは水が入っていない状態で設置すること、割れる可能性あり)
 こんな感じかな?

さて、うちのはどうかなっと・・・
QL25_OFパイプ他20140622
御多聞に漏れず、うちのでもなってました。
プロテクションスリーブは問題ない感じでしたが、オーバーフローパイプはしっかり?
穴が開いていました。
プロテクションスリーブはともかくとしてもオーバーフローパイプは定期交換した方が
いいかなと思います。
プロテクションスリーブは02年に01回、オーバーフローパイプは毎年とか。
殺菌灯の中に結構大きな塩の塊?が入っていたので、目詰まりの可能性もあるので、
定期的にメンテした方がよさそうですね。


それと、クォーツスリーブ(交換球が入るガラス管)が白曇りしていたので清掃をした
のですが、奥にペーパーが残ってしまい取れない状態に・・・ Σ(`□´/)/
さて、どうしたものかと四苦八苦してのですが、どうも長期戦になりそうなので、一端
クォーツスリーブなしで殺菌灯を組み立て保留しました・・・ (´・ω・`)ショボーン

その後、何とかペーパーは取り出した(結構の四苦八苦の末ハンガーで・・・)のですが、
今度は交換球を収めるクォーツスリーブの一部にひびが入ってしまいました。
このクォーツスリーブってめっちゃ高いんですよね。そんな訳でかなりショック。
ひび程度なので何とか使えないかなぁと思いましたが、締込みの時にミシミシって嫌な
音がしてひびが拡大したので断念。 (ノω・、) ウゥ・・・
そんな訳で余計な出費が確定しました。
これで造波ポンプはしばらくお預けです・・・ (´・ω・`)ショボーン

皆さんも殺菌灯のメンテの際は気を付けて下さいね。
たぶん、海水が入ったままで作業すると痛い目に合うんだと思います。



次は配管部材を揃えてポンプの交換をしようと思いますが、早速やらかしてまして
ユニオンボールバルブのサイズが合わなーい。 (ノ ゚Д゚)ノ == ┻━━┻
ちゃんと内径サイズみてから発注かければよかったー ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛ガッΣ(ノ`Д´)ノ
(っていうか、16Aに合致するのがそもそもないんですね・・・そんな訳で13Aとして使えるところに使う予定です)

さて、配管の取り廻し?を考えましょうかね・・・ o(´^`)o ウーム